情報発信のメインストリーム、ブログを使って収入アップ

自社ローンとはなにか。契約書は交わすのか

自社ローンを選ぶ 自社ローンは、銀行や貸金業者など金融機関が行っているローンではなく何らかの物品を販売している会社と直接ローン契約を結び商品の購入を行うことができるというものです。
メリットとしては審査基準が金融機関とは異なり独自のものを使っているため、ローン審査に通らなかった人でも利用できる可能性があります。
自社ローンがもっとも盛んな分野としては中古車販売などがあります。
自社ローンは通常のローン契約同様に契約書を結び、その契約書に則って返済を行っていくことになります。
仕組みとしては自動車を販売している販売店から直接、分割払いで購入することになります。
多くの場合には金利0%と称してますが、実際には販売された金額に含まれています。
ただ金利とは異なり、延滞した場合のペナルティはそれほど多くありませんし、また実際にオートローンなどを利用して購入するよりも金利が低いケースもあります。
このため、賢く利用すればお得に中古車を手に入れることができます。

自社ローンってどんな貸付?

自社ローンとは、販売店自身が資金を準備し、独自に行っている中古車購入の際に利用可能な貸付のことです。
自社ローンを扱うことができるのは資金力のある販売店だけであり、どこの販売店でも扱うことができるわけではありません。
そのため、あまり一般的な知名度は高くありませんが、知っていて決して損をするようなものではないのです。
自社ローンの最大のメリットは、オートローンやマイカーローンとは異なり、過去の信用情報が審査に影響することはありません。
独自の審査基準を設けているため、過去に何らかの理由で信用情報に傷がついている、例えば返済遅延などによりいわゆる「ブラック債務者」として登録されてしまっている方や自己破産の経験がある方でも関係なく利用することが可能なのです。
ブラックでも貸付してもらうことができる、ということは、金利が法外に高いのでは?という疑問をお持ちの方も多いことと思われます。
しかし、そのようなことはないのです。
自社ローンは販売店が独自に行っているものですから、金利は一切かかりません。
しかも、中古車を購入する販売店自身が扱っていますので、手間も時間もかからないことも大きなメリットであると言えるでしょう。